宮本溶接塾

作ります。教えます。広げます。 作ります。教えます。広げます。 SCROLL

ABOUT

宮本溶接塾とは

宮本溶接塾は、溶接初心者から、技能を磨きたい職人さんまで、溶接に関心がある人のための学び舎です。
溶接技術が身につくと、お仕事はもちろん、バイクや自転車の修理、自作の棚やテーブル……DIYや趣味のものづくりの幅がぐんと広がります。

宮本溶接塾では、10年で1000人の卒業生を輩出することを目標としています。
不足している溶接職人を育成し、製造業に貢献するだけではなく、自立して柔軟な働き方ができるはずの、職人一人ひとりの未来を応援したい。非製造業の人たちにもまた、ものづくりの喜びを伝える場を提供したい。

先端技術やデータを取り入れながら、あたらしい溶接のあり方をご提案します!

リモートワークのご相談も受付中!
お問い合わせはこちら

PROFILE

プロフィール

宮本 卓

塾長

東京工業大学大学院修了 工学修士。専門は金属工学
大手鉄鋼メーカーにて7年間、研究開発から製造現場まで幅広く従事した後、実家である有限会社宮本工業所にて溶接の修行。2012年、独自のものづくりを発信する場としてopen_in_newCreative Worksを立ち上げる。
東京都内の金属加工会社3社が協働する「東京町工場ものづくりのワ」に、立ち上げから事務局として参画。現在は現場技能・技術の支援、コーディネート役も務める。
東京都立城東職業能力開発センター溶接科講師歴8年。センターにて、未経験者を含む200名以上の習得過程に接しながら、独自のノウハウを研究。これまで確立されてこなかった、最短で上達する溶接学習法の開発に取り組む。
平成24年度東京ものづくり若匠(溶接)認定
2女1男の父。趣味は宇宙開発

STAFF

講師・スタッフ

FUTURE

夢と野望コーナー

足は地につけ、胸には夢と野望を!
地味に思われがちな溶接(事実ですが、すべてではありません!)のイメージをくつがえす(かもしれない)宮本塾長の目指すワクワクの未来を共有し、仲間を募ります。

TOPへ